キミ戦シスベル・ルゥ・ネビュリス9世の正体とは?魅力や能力についても

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」に登場するシスベル。

守ってあげたくなるような可憐な少女ですが、実は謎多き人物。

一体なぜ彼女は引きこもりになってしまったのか? イスカとの関係は? そして、彼女の持つ特殊能力「灯の星霊」とは?

この記事を読めば、シスベルの複雑な内面や、イスカ、アリスとの関係性が深く理解できます。

さらに、物語の鍵を握る「灯の星霊」の能力についても詳しく解説。シスベルの真の姿を知り、作品への理解を深めましょう。

キミ戦シスベル・ルゥ・ネビュリス9世の正体とは?シスベルの正体とは

シスベル・ルゥ・ネビュリス9世は、アニメ「キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦」に登場する重要なキャラクターです。

彼女の魅力と謎に満ちた正体について、以下のポイントを中心に解説します。

人物像

シスベルネビュリス皇庁の第3王女であり、アリスの妹です。

彼女もまた始祖の血を引いており、強力な星霊を宿しています。

かつてはアリスリーゼに負けず劣らず活発で元気いっぱいな少女でしたが、現在は引きこもりがち人との関わりを避けています。

本来のシスベルは、表情豊かで好奇心旺盛な性格で、恋愛小説を愛する年相応の可憐な少女です。

しかし、彼女の星霊が皇庁に潜む怪物の姿を見たことで、極度の人間不信に陥り、自室から一歩も出なくなりました

母を守るため孤独に戦っていたシスベルですが、かつて彼女を窮地から救ったイスカに出会い、彼に対して恋愛に近い期待と信頼を寄せています。

このことが姉のアリスをやきもきさせています。

イスカが解放した魔女

実はアリスリーゼよりも1年も前にイスカと出会っていたという衝撃の事実から始まります。

物語の冒頭、イスカは帝国に捕らえられていた少女を助けます。

それがまさか、後に彼の運命を大きく変えるシスベルだったとは! イスカは少女を解放したことで「使徒聖」の地位を剥奪され1年間の監禁生活を強いられます。

しかし、彼の行動の真意は、弱き者を救いたいという純粋な気持ちからでした。

一方、シスベルはイスカの言葉を信じられずにいましたが、彼が自分のために罪を被り終身刑を言い渡されたことを新聞で知ります。

そこで初めて、彼の優しさと誠実さに気づいたのです。

この出会いが、二人の絆を深め、後の物語に大きな影響を与えることになります。

引きこもりや拒絶はイスカへの想い

イスカの温かい心に救われ、ネビュリス皇庁に戻ったものの、かつての天真爛漫な姿は消え部屋に閉じこもる日々を送るという孤独な少女という一面も持っています。

人との接触を避け、来客はもちろん、実の姉であるアリスリーゼからの呼びかけにも応じません。

アリスリーゼが久しぶりに妹の姿を見ることができたのは、偶然部屋から出てきた時だけでした。

シスベルが心を閉ざしてしまった理由は、帝国での監禁生活の恐怖よりも、自分を救ってくれたイスカへの強い想いが原因のようです。

イスカへの想いが深まるほど、他の全てを拒絶してしまうほどに、彼女の心はイスカで満たされていたのかもしれません。

まるで、世界がイスカとそれ以外に分かれてしまったかのように、シスベルは孤独を深めていきます。

その姿は、愛する人を失った悲しみを抱え、生きる意味を見失ってしまったかのようでした。

しかし、その心の奥底には、イスカへの感謝と、彼を想うがゆえの苦悩が渦巻いているのです。

遠征任務で動き出す

長い間、部屋に閉じこもっていた彼女に、母であるミラベア女王から直接、重要な任務が言い渡されるという、転機を迎えた存在でもあります。

それは、「独立国家アルサミラへの遠征」という、彼女にとって初めての試練となる任務でした。

アルサミラは、帝国にもネビュリス皇庁にも属さない、砂漠に囲まれた謎多き国。中立を宣言せず、帝国の者たちを積極的に受け入れているという報告を受け、ミラベア女王は警戒心を強めていました。

アルサミラが帝国側に寝返る可能性を危惧した女王は、その真意を探るため、シスベルの持つ特別な能力が必要だと判断したのです。

シスベルの魅力

シスベルの魅力は、その可憐でか弱い外見に隠された強い行動力にあります。

彼女は物語の中でアリスとイスカを巡る争いに加わり、複雑な感情を抱えながらも積極的に行動します。

また、母親への深い思いも彼女のキャラクターに奥行きを与えています。

可憐でか弱い

シスベルといえば、誰もが「可憐」という言葉で表現するでしょう。

ライトノベルの挿絵やアニメのキャラクター設定を見ても、その守ってあげたくなるような可愛らしさは一目瞭然です。

長女イリーティアの腹黒さ(?)や次女アリスのクールな美しさとは対照的に、シスベルの弱々しさはより際立ちます。

第三王女としての悩みを抱え、次期女王を決める女王聖別儀礼(コンクラーヴェ)への不安孤独感も、彼女を儚げに見せる要因の一つです。

二人の姉と争うことを嫌い、守ってくれる人もいない状況で心を閉ざしてしまう姿は、まさに可憐な少女そのものです。

近年、儚げな女性キャラクターが人気を集めているようですが、シスベルもその一人と言えるでしょう。守ってあげたい!と感じる男性ファンも多いのではないでしょうか。

行動力がある

可憐守ってあげたくなる印象のシスベルですが、実は大胆な行動力も持ち合わせています。

女王からの命を受け、独立国家アルサミラへと調査に向かった彼女は、そこでバカンス中のイスカと偶然再会します。

なんとシスベルは、「灯の星霊」の力でイスカのホテルの部屋をこっそり調べ、勝手に入ってしまうという大胆な行動に出ます。

そして、イスカに「ネビュリス皇庁に来て、私の部下になってほしい」と、予想外の提案をするのです。

イスカにとってはであるシスベルからの申し出は当然断られてしまいますが、彼女の行動は、その儚げな外見からは想像できないほどの大胆さを感じさせます。

やはりネビュリスの王女としての気概でしょうか。

ここ一番で見せる度胸と行動力は、シスベルの隠れた魅力と言えるでしょう。

可憐さと大胆さを併せ持つシスベル。そのギャップこそが、彼女をより一層魅力的にしているのかもしれません。

アリスとイスカを取り合う

ネウリカの樹海でイスカと剣を交えたネビュリス第二王女アリスは、瞬く間に彼に惹かれていきます。

中立都市でのデートを重ねるうちに、であるはずのイスカへの想いは募るばかり。

一方、シスベルもイスカ率いる第九〇七部隊に護衛される中で、彼に特別な感情を抱き始めます。

こうして、二人の王女はイスカをめぐる恋のライバルへと発展!

ライトノベル第6巻では、長女イリーティアの策略でルゥ家の別荘に集まったシスベルとアリスが、イスカとの添い寝権を賭けて火花を散らします。

そこにイリーティアも参戦し、バトルはさらにヒートアップ!?

アリスの嫉妬が火種となったこの三角関係ですが、イスカを手に入れたシスベルも一歩も引かない強さを見せます。

アリスとイスカを取り合うシスベルの姿も、また愛らしいですね。

二人の王女の恋の行方は、一体どうなるのでしょうか?

母親へ思い

シスベルの母、現ネビュリス女王ミラベア・ルゥ・ネビュリス8世。

彼女は、国の未来、娘たちの幸せ、そして次期女王を決める女王聖別儀礼(コンクラーヴェ)など、常に多くのことを考え、心労が絶えない日々を送っています。

そんな母を誰よりも大切に思うシスベルは、自分の持つ星霊の力で、まるで探偵のように母の身の回りを調査していました。

なぜなら、シスベルは、母の命を狙う者がいることを察知していたからです。

具体的な人物までは特定できませんでしたが、星霊の力を駆使して真実を明らかにしようと決意します。

全ては、愛する母ミラベアを守るため。

シスベルの深い愛情と強い決意は、まさに尊いと言えるでしょう。

母への愛と使命感に突き動かされ、シスベルは危険な調査に乗り出します。

その姿は、可憐な少女のイメージとは裏腹に、勇ましく、そして頼もしいものでした。

シスベルの能力:灯の星霊とは

シスベルの能力「灯の星霊」は、過去の出来事を再現できる特殊な力です。

この能力には、彼女自身に隠されていた重大な秘密が関わっており、物語の鍵を握る重要な要素となっています。

過去の出来事を再現可能

シスベルの持つ「」の星霊能力は、まるで映画のように、過去の出来事を映像と音声で鮮明に再現できる特別な力です。

アルサミラではイスカとの再会を叶えるためにこの能力を使っていましたが、その再現度はまるで現実世界で観る映像作品と見紛うほど。

氷や土を操る攻撃魔法とは異なり、過去に起きた出来事しか再現できないため、戦闘には不向きです。

もし未来を予測できる能力であれば、戦場で大活躍できたかもしれませんね。

しかし、ミラベア女王がシスベルにアルサミラ遠征を命じたのは、まさにこの「」の能力が必要だったから。

シスベルは、この能力を駆使してアルサミラをくまなく調査し、情報を集めることが期待されていたのです。

戦闘には直接役立たないかもしれませんが、使い方次第では、あの危険な魔人サリンジャーをも凌ぐほどの脅威となる可能性を秘めているのではないでしょうか。

シスベルの持つ「」の星霊能力は、まさに未知数な可能性を秘めた力なのです。

隠されていた重大な秘密

シスベルの「」星霊能力は、半径300メートル、過去20年までしか見られないと言われていましたが、実はこれは彼女が意図的に広めた情報でした。

正確には、7歳の頃の能力の限界であり、現在では大幅にパワーアップしています。

その驚異的な進化は、有効範囲がなんと3000メートル、過去200年まで遡れるほど!

7歳の頃と比較すると、その成長ぶりに驚くばかりですが、シスベル自身は意図的に能力を伸ばしたわけではありません。

恐ろしい過去の出来事を目撃したことが、能力を覚醒させた可能性があります。

「あれは、もはや人間ではない…怪物だ!」

シスベルは、「」の星霊を通じて、周囲の人々の醜い本性残酷な行為を目の当たりにし、人間不信に陥ってしまいました。彼女にとって、唯一信頼できる部下はシュヴァルツだけ。

しかし、戦闘能力のない星霊と、老齢のシュヴァルツだけでは、母を守ることはできません。

シスベルは、孤独焦燥感に苛まれていました。

「誰か、私の味方はいないの?」

そんな絶望の中で、彼女が思い出したのは、かつて自分を救ってくれたイスカの存在でした。

彼こそが、シスベルの最後の希望となるのでしょうか?

まとめ

  • ネビュリス皇庁の第3王女で、アリスの妹。
  • 物語冒頭、イスカはシスベルを帝国から救出。
  • 元は活発だったが、現在は引きこもりがち。
  • 可憐でか弱い:守ってあげたくなる可愛らしさ。
  • 行動力がある:イスカに大胆な提案をするなど、ここ一番で見せる度胸。
  • 過去の出来事を再現可能:まるで映画のように過去の出来事を再現。
  • 隠されていた重大な秘密:能力は大幅にパワーアップし、過去200年まで遡れる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました