キミ戦ミスミス・クラスの正体とは?能力や魔女になった理由やその後についても

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

ミスミスは一見ドジでアンバランスなスタイルを持つ人物ですが、なぜ彼女が隊員たちから厚い信頼を得ているのでしょうか?

さらに、彼女が魔女になった理由とその後の運命はどうなったのでしょうか?

この記事を読むことで、ミスミスの本当の姿と彼女の能力、そして魔女になった経緯とその後の展開について理解することができます。

ミスミスの魅力と彼女の成長の物語を知ることで、キャラクターに対する理解が深まり、作品「キミ戦」をより一層楽しむことができるでしょう。

キミ戦ミスミス・クラスの正体とは

ミスミス・クラスの正体に迫ります。彼女は一見スタイルがアンバランスでドジな部分も目立ちますが、実は努力家で隊員たちから厚い信頼を得ています。

さらに、イスカに対する彼女の気持ちにも注目してみましょう。

スタイルがアンバランス

N07部隊の隊長であるイスカの上司ミスミス隊長は22歳でありながら、見た目は13歳から14歳ほどにしか見えないほどの童顔です。

この外見から、映画館では子ども料金で入場できることさえあります。しかし、実際にはしっかりとした大人です。

普段のミスミス隊長は、少しドジな一面も持ち合わせています。

例えば、釈放されたイスカと再会した際、走りながら転んでしまったこともありました。

そのため、彼女を見た目や行動から判断すると、N07部隊の隊長というよりも“マスコット的な存在”と思われることもあるかもしれません。

彼女の小柄な体格イスカたちとの身長差は顕著で、並んで立つと親子と間違われることもあります。

アルサミラでのバカンスでは、水着姿の彼女がさらに目立ち、童顔発達したボディのアンバランスさが特に強調されました。

このギャップこそがミスミス隊長の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

ドジだけど努力家

ミスミスは兵士としては特に目立った存在ではありません

彼は隊長の昇格試験を辛うじて合格しましたが、他の隊員のように射撃や剣術に優れているわけではありません

また、よく転んだり、他の隊員が気づくことに気づかなかったりと、失敗することも多いです

しかし、ミスミスは非常に努力家です。

同期の璃洒(りしゃ)が使徒聖に昇格したときも腐ることなく努力を重ね、ついに隊長の昇格試験に合格しました。

さらに、イスカが牢獄に入れられ、隊員がバラバラになっていた1年間も、体力をつけるためのトレーニングを続けていました。

ドジで鈍いところはありますが、努力家であることがミスミスの魅力と言えるでしょう。

隊員の信頼は厚い

ミスミスはドジで鈍い一面があるものの、隊員たちから厚い信頼を受けています。

その理由は、彼が人知れず努力を続けていることや、何よりも隊員たちを大切に思っているからです。

イスカがアリスと中立都市で再会した後、イスカの様子がおかしいことにすぐに気づき、フォローを入れました。

また、自由裁量で処刑が認められている使徒聖のネームレスに対しても、隊員を守るために自らの体を張り、意見を述べる勇気を見せました。

イスカたち隊員は、そんなミスミスの姿を見ています。

ミスミスはドジで鈍い一面があるものの、隊員たちから厚い信頼を受けています。

その理由は、彼が人知れず努力を続けていることや、何よりも隊員たちを大切に思っているからです。

イスカがアリスと中立都市で再会した後、イスカの様子がおかしいことにすぐに気づき、フォローを入れました。

また、自由裁量で処刑が認められている使徒聖のネームレスに対しても、隊員を守るために自らの体を張り、意見を述べる勇気を見せました。

イスカたち隊員は、そんなミスミスの姿を見ています。

ドジだけど努力を惜しまず隊員思いのミスミス。

隊員たちが彼を信頼するのは当然かもしれません。

イスカのことが好きなのか?

ミスミスがイスカに好意を持っていると思われる描写がありますが、それをはっきりと口に出すことはありません。

例えば、シスベルがイスカにアプローチしたとき、音々と一緒に邪魔をしたり、イスカと中間都市エインに出かけたときに楽しそうな様子を見せたりしています。

ただし、ミスミスの気持ちは異性としてではなく部下として大切に思っているだけなのかもしれません。
また、イスカもミスミスを女性として意識している様子はありません

ミスミスとイスカの関係が恋愛に発展することはなさそうですが、恋するミスミスの姿も一度見てみたいものです。

ミスミスの能力とは

ミスミスの能力について解説します。

彼女は優れた指揮官であり、戦略的判断に長けていますが、直接の戦闘は苦手としています。

優れた指揮官

ミスミスは小柄で童顔、さらにドジなところがあり、まるで子供っぽい印象を与えますが、実は優れた指揮官であることがわかります。

ジンと音々(ネネ)が書類仕事で忙しい中、ミスミスはイスカとともに中立都市の噴水広場でアリスリーゼと燐に出会います。

アリスリーゼは帝国から「氷禍の魔女」と恐れられており、彼女と自分の隊員が既に接触していたことにミスミスは驚きます。

さらに、魔女の始祖「ネビュリス」が長い眠りから覚醒し、星霊術で都市内への無差別攻撃を始めます。

最初の攻撃はアリスリーゼのバリアで防ぎますが、ネビュリスの熱波によってバリアが破壊され、燐が重傷を負います。
この状況で、敵であるはずの燐を必死に助けようとするイスカを見て、ミスミスの指揮官としての能力が発揮されます。

燐の重傷に動揺するアリスリーゼに対し、ミスミスは大声で指示を出します。

「動かさないで!」

アリスリーゼが燐を氷で包み安静にさせた後、ミスミスはイスカの気持ちを理解し、中央病院まで連れて行きます。

「魔女だけど、さっき助けてもらったし・・・」

非常事態になると、ミスミスは普段のドジな一面から一転し、瞬時に状況を判断し、迅速に行動します。

このように、「隊員の判断を尊重し、感情の機敏に対して敏感に反応できる」という点が、ミスミスの指揮官としての能力であり長所です。

ミスミスの優れた指揮能力は、「使徒聖」の第5席に君臨し、防衛機構の司令部特別客員である瑠酒・イン・エンパイアも十分に理解しており、今後はN07部隊全体が彼女の指揮下で活動することになります。

直接の先頭は苦手

隊長であるミスミスの役割は、「隊員の気持ちを理解しながら状況判断をすること」に特化しています。

そのため、隊長でありながら参謀のような立ち位置でもあります。

普段のドジな一面もあり、第1話ではメンバーが揃って目的地に向かう途中でアリスリーゼと燐の手下である風の星霊使いたちの攻撃を受けました。

その際、他のメンバーが自力で車から飛び降りる中、ミスミスだけは音々(ネネ)に助けられていました。

ミスミスは武力や体力、運動神経においては劣っており直接的な戦闘は苦手としています。

ミスミスが魔女になった理由とその後について

ミスミスが魔女になった経緯とその後の展開を詳しく解説します。

彼女が魔女になった理由や、その後どのような運命を辿ったのかを探ります。

魔女になった理由

ボルテックス(星脈噴出泉)は、地下から星霊エネルギーが湧き出す現象です。

この星霊エネルギーを浴びると、体に星紋が現れ、人間は魔女(魔人)になります。

魔女(魔人)が浴びると、星霊力が増強され、さらに強力な魔女(魔人)になるのです。

そのため、ボルテックスを発見したら、ネビュリス皇庁より先に確保する必要があります。

ある日、ジュラク北西にボルテックスが現れたとの連絡を受けたミスミス隊長は、隊員たちと現場に急行しました。

しかし、ボルテックスを巡って皇庁と争っている最中、ミスミスはゾア家の仮面卿オンによってボルテックスに落とされてしまいます

その結果、ミスミスは星霊の光を体に浴び魔女になってしまいます

瑠酒からの緊急招集による「ボルテックス任務」が原因で、ミスミスの左肩に“魔女の星紋”がついてしまいました。

この星紋は、地面から湧き出る“星霊の光”によって現れます。

人間がこの光を浴びると魔女に変化し、魔女が浴びると星霊力が増強されます。

ミスミスは任務中にこの星霊の光を浴び、星紋が現れました

彼女自身もイスカたちから教えられて初めて気づき、激しく動揺します。

ジンからは研究機関に報告して調べてもらうしかないと言われますが、帝国に「魔女になった」ことが知れたら処刑される可能性があるのです。

望まぬ形で魔女になってしまったミスミスには、今後の自分たちの運命を左右する究極の選択が迫られています。

魔女のなったその後

帝国は星霊を宿した人間を迫害し、戦争を引き起こしています

そのため、魔女になってしまったミスミスは帝国では生きていけません

もし魔女であることが知られたら、最良でも禁固刑、最悪の場合は死刑です。

N07部隊の隊員たちは話し合い、ミスミスの星霊を隠すことを決めました。

しかし、定期健康診断でその秘密がバレてしまう可能性があります。

そんな時、皇庁の第三王女・シスベルがN07部隊に取引を持ちかけます

シスベルは、自分を護衛して皇庁まで無事に送り届ければ、ミスミスに星霊エネルギーを隠すシールを渡すと言います。

利害が一致したN07部隊とシスベルは契約を結び、ミスミスたちはシスベルを皇庁まで護衛することになります。

しかし、シスベルは皇庁の裏切り者に追われており、N07部隊はその裏切り者たちと戦うことになります。

「キミ戦」はここからさらに盛り上がりますので、ぜひライトノベルやアニメでお楽しみください!

まとめ

  • N07部隊の隊長であるミスミス隊長は、22歳ながら見た目が13~14歳に見えるほど童顔。
  • バカンスで水着姿が目立ち、童顔と発達したボディのアンバランスさが強調される。
  • ミスミスがイスカに好意を持っていると思われる描写があるが、はっきりとは口に出さない。
  • 小柄で童顔、ドジなところがあるが、実は優れた指揮官。
  • 緊急事態で状況を瞬時に判断し、迅速に行動する。
  • ボルテックスの争いで星霊エネルギーを浴び、魔女の星紋がついた。
  • 魔女になったことが帝国に知られたら処刑の可能性。
  • 星霊を隠すためにシスベルと取引をし、彼女を皇庁まで護衛。

コメント

タイトルとURLをコピーしました