キミ戦璃洒・イン・エンパイアの正体とは?戦闘能力や紡の星霊能力・性能についても

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

璃洒・イン・エンパイアの正体、気になりますよね?

二重国籍の噂や謎の薬、そしてミカエラとの関係…。

彼女の隠された一面や、戦闘能力の秘密が明らかになります。

璃洒の正体を知ることで、「キミ戦」の物語をより深く理解できること間違いなし!

キミ戦璃洒・イン・エンパイアの正体とは

「キミ戦璃洒・イン・エンパイア」の正体に迫る。

使徒聖第五席として活躍する璃洒は、気さくな一面と腹黒さを併せ持つ。

彼女の二重国籍や冷酷な行動、謎の薬とミカエラとの関係、さらには魔人や魔女に対抗するための肉体改造や若返り施術の可能性について探ります。

使徒聖第五席

天帝国の精鋭部隊「使徒聖」の中でも、ひときわ輝く女性兵士、璃洒(リシャ)。

彼女は、帝国の象徴である天帝ユンメルンゲンの護衛を任された11人の一人であり、その中でも天帝の側近として活躍しています。

璃洒は、軍学校を主席で卒業した才媛

学問、体術、銃技、生存技術、戦略指揮など、あらゆる分野で卓越した能力を発揮します。

その才能は、軍学校卒業後も遺憾なく発揮され、厳しい試験を突破し、瞬く間に隊長から使徒聖へと昇格しました。

ライトノベルでは、「帝国が誇る不世出の万能の天才」と称される璃洒。

実は、第九〇七部隊のミスミス隊長とは軍学校の同期で、2人とも22歳という若さです。

気さくさと腹黒さを持つ

イスカやミスミスには気さくなお姉さんキャラの瑠酒。

しかし、その笑顔の裏には、底知れぬ腹黒さ冷徹さが隠されています。

彼女は、無謀で危険な任務を、まるで日常会話のように笑顔で依頼してきます。

しかも、それを「正論」とゴリ押しし、N07部隊メンバーを囮に使うことも厭いません。

ジン・シュラルガンからは警戒され、信用されていないのも無理はありません。

瑠酒の腹黒さは、30年間監禁されていた危険な魔人サリンジャーを解放し、利用したことでも明らかです。

サリンジャーを前に、彼女は冷静にお世辞を交えながら依頼をしますが、それだけではありません。

サリンジャーの想い人であるミラベア女王の名前まで利用し、彼を操るのです。

瑠酒がサリンジャーを操るために使ったもの、それは、天才的な頭脳による策略、内面に秘めた腹黒さ、そして誰をも動じさせない度胸、いや、むしろ「太々しさ」と言えるかもしれません。

これらの要素を巧みに使いこなす彼女の頭脳は、侮れません。

二重国籍

サリンジャーとの会話で明らかになった、瑠酒の二重国籍

彼女自身は秘密にしていましたが、この事実は、物語において重要な役割を果たします。

二重国籍を持つ瑠酒は、帝国とネビュリス皇庁を自由に行き来できます。

イスカが皇庁に拉致された際、瑠酒は「偽の星紋」を使った潜入作戦を提案しました。

この作戦は、N07部隊メンバーや視聴者には「ナイスな作戦」と思われましたが、瑠酒にとっては、二重国籍という背景があるからこそ、自然に思いついた作戦だったのかもしれません。

瑠酒の二重国籍は、彼女が持つ情報網人脈の広さを示唆し、今後の展開に大きな影響を与える可能性を秘めています。

冷酷な一面

璃洒の冷酷な一面:任務遂行のためなら部下も犠牲に優秀な兵士である璃洒ですが、その裏には冷酷な一面が隠されています。

彼女は、第九〇七部隊にネビュリス皇庁への侵入と現女王の捕獲を命じます。

さらに、凶悪犯罪者が収容されているオーレルガンへの侵入も指示します。

しかし、璃洒の真の目的は、オーレルガンに収容されている魔人サリンジャーの脱獄でした。

彼女は、第九〇七部隊をとして利用し、自身はサリンジャーと共に脱出することを企てたのです。

隊員たちは璃洒の策略によって危険にさらされ、命からがら脱出しますが、一歩間違えれば全員が命を落としていたかもしれません。

璃洒は、部下の命を犠牲にしてまで任務を遂行しようとする、非情な一面を持っているのです。

謎の薬とミカエラとの関係

ライトノベル4巻で、璃洒が友人である女性医師ミカエラと第九〇七部隊のミスミスと会話するシーンがあります。

そこでミカエラは、璃洒が何らかの薬を彼女からもらっていることを示唆し、璃洒はそれを公にしたくない様子を見せます。

璃洒にとって重要な薬であることは明らかですが、この薬が一体何なのか、作中では詳細が語られていません。

一体どんな薬なのか、なぜ璃洒はそれを秘密にしているのか、多くのが残されています。

魔人や魔女に対抗するための肉体改造?

帝国軍がネビュリス皇庁に侵攻した際、璃洒は仮面卿オンとの対峙中に、「これで四回目の二十二歳」という謎めいた発言をします。

最初はジョークかと思われましたが、続く言葉でその真意が明らかになります。

璃洒は、「魔人やら魔女を相手にするなら、こっちも身体に色々と仕込まなきゃいけない」「三十路になったらやり直すのがウチの流儀」と語り、さらに「アンチエイジングとか美容整形とかじゃない。

もっと痛くて怖いやり方でね」と続けます。

これらの言葉から、「四回目の二十二歳」とは、何らかの方法で肉体を改造し若さを保っていることを示唆していると考えられます。

璃洒は、魔人や魔女に対抗するために、自らの身体に過酷な処置を施しているのかもしれません。

若返り施術の可能性

璃洒を取り巻く不可解な謎について考察しました。

二重国籍の真偽は定かではありませんが、「秘密の薬」や「4回目の22歳」発言から、璃洒は若返りの施術を受けている可能性が浮上します。

薬物投与なのか、手術なのかは不明ですが、ライトノベル9巻で明かされた帝国の人体実験との関連も気になるところです。

璃洒の正体はまだ謎に包まれていますが、今後の展開に注目が集まります。

瑠酒の戦闘能力

第9話、イスカたちが魔人サリンジャーと激闘を繰り広げる中、アリスリーゼは再び「使徒聖」第8席のネームレスと対峙します。

互いに望まぬ再会を果たし、第5話以来の再戦が始まりますが、今回も決着はつきません

ネームレスが再び無言で去った後、イスカたちがサリンジャーを退けると、驚くべき事実が明らかになります。

なんと、アリスリーゼと戦っていたのはネームレス本人ではなく、瑠酒が「光学迷彩スーツ」を着用して変装していたのです。

瑠酒は、スーツの性能を活かし、ネームレスの声まで真似ていました。

しかし、注目すべきはそこではありません。

瑠酒は、スーツのせいで実力を出し切れない状態でも、アリスリーゼと互角に戦っていたのです。

これは、瑠酒が星霊を使わない格闘術において、アリスリーゼを上回る戦闘能力を持っている可能性を示唆しています。

「紡」の星霊能力と性能

帝国人の璃洒は、本来星霊を宿すことはありません。

しかし、帝国で行われていた人体実験により、星の第四世代「紡の星霊」を宿すことになりました。

この星霊は、髪の毛よりも細い糸を操り、敵の首を締め上げたり、クモの巣のように絡めとることができます。

璃洒は、この能力を戦闘で巧みに利用します。

例えば、第10話では光学迷彩スーツを装着してアリスリーゼと戦いますが、「紡の星霊」は使用しませんでした。

しかし、物語が進むと、研究所を脱出したイスカたちの前に天帝ユンメルゲンと共に現れ、燐を「紡の星霊」で拘束し、帝都へ来るよう命令します。

この「紡の星霊」は、帝国領土内の星脈噴出泉で生まれた種であり、ネビュリス皇庁には存在しません。

星霊使いを敵視する帝国ですが、星霊研究も盛んに行っていることがわかります。

まとめ

  • 天帝国の精鋭部隊「使徒聖」の第五席。
  • 軍学校を主席で卒業した才媛。
  • 気さくで面倒見の良いお姉さんキャラ。
  • 裏の顔は腹黒く冷徹。
  • 無謀で危険な任務を笑顔で依頼し、正論でゴリ押しする。
  • 二重国籍者(天帝国とネビュリス皇庁)。
  • 友人の女性医師ミカエラから謎の薬をもらっている。
  • 魔人や魔女に対抗するため、肉体改造をしている可能性がある。若返りの施術を受けている可能性も。
  • 髪の毛よりも細い糸を操り、敵を拘束する。
  • 帝国領土内の星脈噴出泉で生まれた種。

コメント

タイトルとURLをコピーしました