キミ戦燐・ヴィスポーズの正体とは?魅力や強さ・能力についても

キミと僕の最後の戦場、あるいは世界が始まる聖戦

燐の正体とは何か?彼女の魅力や能力は一体どのようなものなのでしょうか?

この記事では、燐の異例な役割や勇敢な守護者としての姿、アリスとイスカの関係に対する反応、彼女のかわいい一面、奮闘とハプニングについて詳しく解説します。

また、土の星霊の能力や制約、第九〇七部隊との戦いについても触れます。

燐というキャラクターの多面的な魅力と強さを理解でき、彼女の役割や行動に対する深い洞察を得ることができます。

キミ戦燐の正体とは

燐はアリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世の側近兼メイドです。

彼女は王家に仕える王宮守護星の出身です。

若くして錬成楼の老師から剣術、鎗術、弓術、拷問術といった武芸全般を学びました。

そのすべてを達人級にまで昇華した武人です。

服の下には様々な暗器や砂の入ったフラスコ瓶を忍ばせています。

これは召喚系の氷や火と異なり、操作系の土の星霊が土がなければ機能しないためです。

彼女は土の星霊使いで、ゴーレムを生成し使役することができます。

生成速度と再生速度も速く、粘着質の強い泥土を瞬時に生成することも可能です。

操作系である土の特性を生かして、戦闘以外でも様々な応用が可能です。

そのため、イスカからも一流の星霊使いと評価されています。

しかし、交戦したサリンジャーからは星霊使いとして一流止まりだと評価されています。

星霊に頼るよりも、体技や接近戦に特化した方がミラベアにも届き得たと言われています。

とはいえ、皇庁の従者の中で護衛とメイドを兼任するのは彼女だけです。

皇庁きってのエリートであることは確かです。

彼女はアリスを次期女王にするためにどんな苦労もいとわないはずでした。

しかし、アリスがイスカと出会ってからはポンコツになりつつあります。

アリスに心変わりをさせたイスカを警戒し、独断でその仲を裂こうとしました。

しかし、サリンジャーとの交戦で助力された後には多少なりとも認めています。

イスカ絡みで暴走するアリスの行動に振り回されている彼女です。

四苦八苦の末にイスカに責任転嫁するという、彼女もまた残念な美人です。

また、皇庁人らしく帝国を頭から毛嫌いしています。

やむを得ず帝国に潜入した際には過剰反応を取り、イスカたちをヒヤヒヤさせました。

後に天帝からも呆れられています

彼女は密かに貧乳であることを悩んでいます

アリスと比較しては溜息をついています。

密かに胸を大きくする体操をしています。

しかし、それがシスベルから「灯」の星霊で暴露された際には赤面しつつ屈服しました。

ちなみに、星紋は尻にあり、これも本人にとってコンプレックスとなっています。。

燐の魅力とは

燐はただの従者ではありません。

その異例な役割から、勇敢な守護者としての姿、そしてアリスとイスカの関係に対する彼女の反応まで、さまざまな側面が彼女の魅力を形成しています。

さらに、かわいらしい一面や奮闘するハプニングも、燐のキャラクターを一層引き立てます。

この章では、燐の多彩な魅力について詳しく見ていきます。

異例な役割

ネビュリス皇庁の従者は、主に以下の二つの役割に分けられます。

まず、身の回りをするメイドとしての従者。

次に、王族の命を守る護衛としての従者です。

しかし、燐はこの二つの役割を一人でこなします。

これは非常に異例のことであり、ルゥ家、ゾア家、ヒュドラ家の従者の中でも、王女の従者を一人で務める者は燐以外にはいません

このことは、燐が厳しい修行や訓練を積み重ねてきた証です。

それだけ彼女が優秀であることを示しています。

この優秀さこそが、アリスが燐を全面的に信頼する理由なのです。

勇敢な守護者・燐

燐は厳しい訓練と試験を経て「王宮守護聖」として王族を守る任務を受けました。

彼女はアリスを守るために全力で戦います

一見普通のメイド服に見える燐の服装ですが、実は特別に加工された戦闘用の服です。

太ももには短剣などの隠し武器が仕込まれており、いつでも戦闘に備えています。

燐は時には自分よりも強い相手と分かっていても、勇敢に立ち向かいます。

例えば、「超越」の異名を持つサリンジャーが脱獄した際には、敗北を覚悟で挑みました。

また、イスカとも果敢に戦いました。

燐は主を守るために自らの身を犠牲にして戦う姿が印象的です。

そんな燐は、かっこいいメイドと言えるでしょう。

アリスとイスカの関係と燐の反応

アリスはイスカとの戦いや、中立都市での食事、絵画鑑賞を通じて、彼を戦場のライバルとして認めつつ、異性として意識するようになりました。

その後、アリスはイスカのことを思い出しては浮かれることが多くなります。

燐はそんなアリスを度々たしなめています

一方、燐はイスカを快く思っておらず、いつも厳しい態度で接します

彼女はイスカを名前ではなく「帝国兵士」と肩書で呼びます。

これは、皇庁の王女に仕える従者としてのプライドと、敵国には負けないという燐の矜持(きょうじ)から来るものです。

こうした態度も、燐の個性の一つと言えるでしょう。

かわいい一面

燐には乙女チックでかわいらしい一面があります。

彼女の悩みの一つは控えめなバストです。

特に主であるアリスの豊かなバストを見るたびに、羨ましさとコンプレックスを感じています。

そんな燐はバストアップを目指して、大量のキャベツの千切りやナッツ、ホットミルクなど、豊胸に効果があるとされる食事を積極的に摂取しています。

また、お風呂でバストを大きくするための運動も行い、涙ぐましい努力を続けています。

この事実が「灯の星霊」を持つ第二王女のシスベルによって暴露され、燐は激しく動揺し、シスベルの言うことを聞かされる羽目に。

しかし、バストにコンプレックスを抱く燐の姿は少し愛らしいとも言えます。

奮闘とハプニング

ライトノベル9巻では、燐がシスベルを救うためにイスカたちと共に帝国へ向かいます。

ここ数日間、不眠不休で活動していた燐は、ホテルのバスルームでついに睡眠不足で倒れてしまいます。

異変に気づいたイスカはバスルームに入り、裸の燐をバスタオルで包んでソファに運びます。

ここでようやく目を覚ました燐は激怒し、バスタオルを巻いたままイスカを追いかけます。

彼女は控えめなバストを見られたことを大いに気にしていました。

このようなドジを踏んでしまう燐もまた、とても魅力的です。

燐の強さ・能力とは

燐の強さはその卓越した戦闘能力と特殊な星霊の力にあります。

土の星霊を操る能力を駆使し、第九〇七部隊との戦いでその力を遺憾なく発揮しました。

しかし、この力には制約も存在し、燐はそれを克服するために様々な対策を講じています。

この章では、燐の強さと能力について具体的に解説します。

土の星霊の能力

燐は「土の星霊」という力を持ち、土を自在に操ることができます。

この力の主な使い方は、土でゴーレム(巨人像)を作り出し、敵を攻撃したり自分を守ったりすることです。

土があればどこでもゴーレムを作れるため、特に屋外での戦闘において非常に有利です。

また、燐はゴーレムに乗って移動することもできます。

自動車ほどの速度は出ませんが、悪路でも一定の速度を維持できるのが強みです。

さらに、ゴーレムの大きさを自由に調整できるため、巨大なものから小さなものまで、状況に応じて使い分けることができます。

このように、燐の能力はさまざまな場面で活用できるのです。

第九〇七部隊の戦い

燐が第九〇七部隊と初めて対峙したとき、彼はゴーレムを作り出してイスカと戦いました。

このとき、ジンは燐の術を見て「生成速度が早い」と驚きの声を上げました。

燐は大量の土砂を素早く遠隔操作し、ゴーレムを作り出して自由に動かすことができます。

これは、燐の星霊の力が強く、星霊使いとしての練度が非常に高いことを示しています。

さらに、土で作られたゴーレムは、燐の命令によってすぐに再生することができます。

複数のゴーレムを同時に操作することも可能です。

また、敵の足元の土を泥沼に変えて動きを封じるといった別の戦術も使えます。

土の星霊の制約と対策

燐の持つ土の星霊は、氷や炎、風や雷の星霊のように無から自然現象を生み出すことはできず、あくまで土を操作する能力に限られます。

そのため、周囲に土がないとこの力を使うことができません

しかし、燐はこの制約を克服するために、メイド服の裏に砂の入ったガラス瓶を20本ほど隠し持っています

この砂を使って「砂の短剣」に変化させ、敵を攻撃することができます。

このような準備を怠らないところは、アリスが燐を信頼する理由でもあります。

燐はクールな魅力、美貌、そして強さを兼ね備えたメイドと言えるでしょう。

まとめ

  • アリスリーゼ・ルゥ・ネビュリス9世の側近兼メイド
  • 錬成楼の老師から武芸全般を学ぶ
  • 武芸全般に達人級の技術を持つ
  • 土の星霊使いでゴーレムを生成・使役できる
  • アリスを次期女王にするために尽力するが、イスカとの出会い後に振り回される
  • 燐はイスカを快く思わず厳しい態度で接する
  • 控えめなバストにコンプレックスを持つ
  • メイド服の裏に砂の入ったガラス瓶を20本隠し持つ
  • 砂を使って「砂の短剣」に変化させる
  • クールな魅力、美貌、そして強さを兼ね備えたメイド

コメント

タイトルとURLをコピーしました