フェアリーテイルグレイとジュビアやルーシィやシルバー・ナツとの関係について

フェアリーテイル

『フェアリーテイル』におけるグレイ・フルバスターの人間関係は、彼のキャラクター発展にどのように影響を与えているのでしょうか?

この記事では、グレイとジュビア・ロクサー、ルーシィ・ハートフィリア、シルバー・フルバスター、ナツ・ドラグニルとの関係を深掘りし、各キャラクター間の絆が物語にどのように反映されているかを明らかにします。

読者は、これらの関係性を理解することで、キャラクターの行動や動機の背景をより深く理解できるようになります。

フェアリーテイルグレイとジュピアやルーシィやシルバー・ナツとの関係について

ジュビア・ロクサーは、アニメ『フェアリーテイル』で当初は「幽鬼の支配者」ギルドの「エレメント4」の一員として登場します。

彼女は水を操る魔法「ウォーター」を使い、身体を水に変えることができる特技を持ちます。

この能力により、物理攻撃を無効化できますが、電撃や熱攻撃には弱いです。

グレイ・フルバスターとは当初、敵対するギルドのメンバーとして戦いますが、彼に一目惚れし、その後の彼女の行動は大きく変わります。

ジュビアがグレイに心を寄せてからは、彼のために一途に尽くすようになります。

たとえば、ジュビアはグレイへの好意から、彼に手作りの弁当を贈るなどの行動を見せるものの、グレイはその意図を理解せずに、何気なく食べたり、仲間と分けたりしてしまいます。

これはグレイが恋愛において非常に鈍感であることを示しています。

ジュビアが「妖精の尻尾」に加入した後も、彼女はルーシィなど他の女性メンバーをライバル視しながら、グレイへのアプローチを続けます。

物語が進むにつれ、ジュビアの一途な思いが徐々にグレイに伝わり始め、「大魔闘演武」編で彼も彼女の気持ちに応えるようになります。

二人は一緒に生活を始めるなど、関係が深まります。

しかし、二人の運命は困難に満ち、ある大きな争いに巻き込まれる中で、二人は共に命を絶とうとする状況に追い込まれます。

最終的にジュビアは自身の体を魔法で血液に変えてグレイを救う決断をします。一時は彼女が命を落としたかのように見えましたが、実際には彼女も生存していました。

この物語は、ジュビアの愛情とグレイへの献身、そしてグレイの徐々に変化する感情を描いており、二人の間の深い絆と成長を示しています。

ルーシィ・ハートフィリアとの関係

アニメ『フェアリーテイル』では、グレイ・フルバスターとルーシィ・ハートフィリアの間に何かしらの好意が存在するかのような描写が初期には見られます。

特にグレイはルーシィの外見を気に入っているようで、「少し気がある」と感じさせるシーンもありました。

ただ、物語が進むにつれて、この二人の間には恋愛感情を示唆するようなシーンは描かれなくなります

ルーシィの方からも、グレイに特別な感情があるという描写は特に見られません。

そのため、グレイとルーシィの関係は友情にとどまり、恋愛関係に発展することはないと思われます。

二人は良い友人としての関係を続けており、その絆は作品を通じて強固なものとなっています。

シルバー・フルバスターとの関係

アニメ『フェアリーテイル』の「冥府の門」編では、グレイ・フルバスターが重要な過去を抱えていることが描かれます。

彼の両親はかつて悪魔デリオラによって殺されたとされていますが、この編で彼の父、シルバー・フルバスターが意外な形で登場します。

シルバーも氷の造形魔法を得意としており、グレイと同じ力を持っています。

グレイは、敵として現れた父シルバーと対峙します。

シルバーはデリオラであると語り、グレイを殺す意志を見せますが、実際にはシルバーの体はネクロマンサーによって操られていたことが明かされます。

グレイはこの事実に激怒し、戦いを挑みますが、シルバーは氷の攻撃に完全に抵抗する滅悪魔法を身につけていました。

戦いの中で、グレイは最終的にアイスメイクと瓦礫から作った大砲の弾を使用し、父を打ち克ちます

しかし、シルバーの真実が明らかになり、彼が実は長年デリオラと戦うためだけに存在していたこと、そして自身が本当の父ではないという事実に直面します。

シルバーは、17年前に死亡し、その体はネクロマンサーによって拾われ、悪魔と戦うための実験体として利用されていたのです。

シルバーはグレイに全てを託し、自分がもはや父親でも悪魔でもないと宣言します。

彼はグレイに自分を殺して妻のもとへ送るよう願い出ますが、グレイはそれを拒否し、最終的にはシルバーを抱きしめ、彼の願いを受け入れる形で物語が進展します。

そして、シルバーの最後の願いとして、ジュビアにネクロマンサーを倒すよう伝えます。

このエピソードは、親子の絆、復讐、そして救済の複雑なテーマを扱い、グレイのキャラクターに深い背景を加えると同時に、彼が父と同じ道を歩むことを選んだことを示しています。

シルバーの死後、グレイは父からの力を継承し、その腕には特別なマークが刻まれ、新たな力を手に入れることになります。

ナツ・ドラグニルとの関係

アニメ『フェアリーテイル』において、グレイ・フルバスターは「面白いこと」を好み、一方でナツ・ドラグニルを苦手としています。

二人はギルドの日常や任務中にしばしば言い争いますが、このようなぶつかり合いが彼らの強い絆を示しています。

グレイはナツの無茶な挑戦に時折うんざりしながらも、本当に重要な戦いの際にはしっかりと役割を果たします。

戦闘シーンでは、グレイとナツは氷と火という対照的な属性を持ちながらも、互いの違いを活かして息の合った連携を見せることができます。

彼らは互いに強い信念を持っており、その点で非常に似ています。

物語が進む中で、グレイは滅悪魔法を使って悪魔ENDを倒すことを目指し、ギルドが解散した後はエルザと連絡を取り合いながら黒魔術教団の情報を集めます。

ナツがENDであることを知ったグレイは、長年の友であるナツを倒す決意をします。

これが二人の間で壮絶な戦いに発展し、物語に深刻な展開をもたらします。

特にアルバレス帝国との戦いの中で、ジュビアが殺されたと誤解したグレイは、全ての責任がナツにあると考え、彼を殺害しようとします。

しかし、ジュビアが実は生きていることを知った後、グレイは自らの行動を反省し、ナツを敵とするのではなく、彼を守るためにゼレフに立ち向かう決意を固めます。

この決断は彼らの関係に新たな意味をもたらし、二人の間の葛藤と成長を強調しています。

まとめ

  • ジュビア・ロクサーは『フェアリーテイル』において、「幽鬼の支配者」ギルドの「エレメント4」メンバーとして登場。
  • 当初、グレイ・フルバスターと敵対していたが、彼に一目惚れし、以降彼に一途に尽くすようになる。
  • 「妖精の尻尾」加入後も、ジュビアはルーシィなど他の女性メンバーをライバル視し、グレイへのアプローチを続ける。
  • 物語が進むにつれ、ジュビアの愛情と献身が徐々にグレイに伝わり、二人は関係を深め、共に生活を始める。
  • グレイ・フルバスターとルーシィ・ハートフィリア間には初期に好意があるような描写がある。
  • しかし、物語が進むにつれて、恋愛感情を示唆するシーンはなくなり、二人の関係は友情にとどまる。
  • 「冥府の門」編でグレイ・フルバスターの父、シルバー・フルバスターが敵として現れる。
  • シルバーは氷の造形魔法を得意とし、グレイと同じ力を持っていたが、ネクロマンサーに操られていた。
  • グレイは父を打ち克ち、シルバーはグレイに自分を殺して妻のもとへ送るよう願い出る。
  • シルバーの死後、グレイは父からの力を継承し、新たな力を手に入れる。
  • グレイはナツ・ドラグニルを苦手としており、二人はしばしば言い争いをするが、それが強い絆を示している。
  • 物語が進む中で、ナツが悪魔ENDであることを知り、グレイはナツを倒す決意をする。

コメント

タイトルとURLをコピーしました