フェアリーテイルナツ・ドラグニルの正体は悪魔なのか?強さや魔法についても

フェアリーテイル

「フェアリーテイル」のナツ・ドラグニルは本当に悪魔なのか、それとも人間なのか。

この記事では、一度死んだ彼の真の正体と、その謎に迫ります。ナツの持つ火の滅竜魔法、ドラゴンフォース、雷炎竜モードの秘密や彼の強さについても詳しく解説します。

読者はナツの謎に満ちた過去と彼の魔法の力の源泉を理解することができ、ナツや「フェアリーテイル」の物語への理解が深まります。

フェアリーテイルナツ・ドラグニルの正体は悪魔なのか?

フェアリーテイルの中心人物、ナツ・ドラグニルの正体に関する謎は、彼が一度死んだ後、不老不死の魔法使いゼレフによって悪魔として蘇生されたという事実から始まります。

この事実が、彼が真に悪魔なのか、それとも人間としての属性を保持しているのか、という疑問へと繋がります。

人物像

ナツ・ドラグニルは、アニメ「フェアリーテイル」で火の滅竜魔法を操る魔導士です。

彼は「火竜(サラマンダー)」という異名で知られており、謎に包まれた過去を持つ年齢不詳のキャラクターです。

彼の右肩には赤い紋章があり、火を愛し、乗り物酔いがすることで有名です。

ナツはとても大食いで、熱い食事を好み、寒いものを避けます。

彼は炎竜王イグニールによって育てられた過去があり、イグニールからの贈り物であるマフラーを常に身に着けています。

ナツは楽観的な性格でありながら、ギルド「妖精の尻尾」の中で最も問題を起こすことが多いメンバーです。

彼の行動はしばしば物を壊す事故を引き起こし、周囲から注意されます。

しかし、彼はギルドの仲間を家族のように大切に思い、仲間のためならどんな敵にも立ち向かいます。

戦闘では、ナツは滅竜魔法と肉弾戦を得意とし、驚異的な身体能力を持っています。

彼は火や熱を食べることで力を回復したり、強化することができますが、自分で発火させた炎は食べることができません。

乗り物には極端に弱く、戦闘中に乗り物酔いをすることがありますが、ハッピーに運ばれる際には酔いません。

ナツは頭脳面では日常的にはあまり賢くない印象を与えることがありますが、戦闘時には冷静で頭脳的な面を見せることがあります。

彼は敵の弱点を素早く見つけ出し、敵組織の企みにも気づくことができる、予想外の洞察力を持っています。

一度死亡している

まずはじめに、ゼレフがどうして不死の悪魔、ENDを作成しようと決意したかについて触れてみましょう。

約400年前、ゼレフと彼の弟ナツは、両親と一緒に穏やかな生活を送っていました。

しかしその平和は長くは続きませんでした。彼らが暮らす村は、当時多く存在していたドラゴンによって壊滅させられ、ナツはこの惨劇で命を落としてしまいます。

深い悲しみに沈んだゼレフは、弟を甦らせようと、死と生に関する禁断の魔法研究に没頭します。

この研究が進むうちに、ゼレフ自身も呪いにより不死の存在となり、自分を終わらせることができる唯一の存在を求めるようになります。

この目標を達成するために、彼はゼレフ書に記された最強の悪魔、ENDの創造に着手します。

この物語の核心部分は、ナツ・ドラグニル、すなわちフェアリーテイルの主人公が、実はENDとして知られるこの悪魔であるということです。

ENDを作る過程で、ゼレフは亡き弟ナツの身体を利用しました

つまり、ナツはかつて死んだ後、ゼレフによってENDとして蘇生されたわけです。

ゼレフの弟

物語「フェアリーテイル」における驚きの展開として、主人公ナツ・ドラグニルが実は世界でも類を見ない強力な魔導士、「ゼレフ」の弟であることが明らかになります。

ゼレフは、不老不死という特殊な状態にあり、自分自身の命を終わらせる方法を求め続けているという複雑な背景を持つ人物です。

この事実は物語の核心部分であり、ナツ自身も物語の途中まで自分がゼレフの弟であるという真実を知らずにいました。

ナツは悪魔?それとも人間?

ナツがEND、つまり強力な悪魔としての力を内に秘めていることは以前触れましたが、彼が日常的に示しているのはどちらかといえば人間らしい姿です。

物語の多くで、ナツはそのENDとしての力を顕在化させていません。彼の振る舞いや見た目は、物語が始まってからずっと人間そのものです。

ただし、物語のあるターニングポイントで、ルーシィが敵対者に襲われた際、ナツには一時的にENDとしての力が表面化する瞬間がありました。

この時、彼の外見には顕著な変化が現れます:目の周りが暗くなり歯が鋭く変形し、腕は真紅に変わり悪魔のような形状を呈します。

フェアリーテイルの世界には、冥府の門タルタロスに属する悪魔たちがおり、これらは人間と悪魔の双方の姿を持っています。

ナツのこの変貌は、彼が持つENDとしての悪魔の側面を示唆しています。

しかし、普段のナツは人間の姿をしており、これが彼の本質的な存在形態だと言えるでしょう。

ナツの内には以前、悪魔にも竜にも変わる可能性を秘めた「種」が存在しましたが、彼はイグニールの問いかけに対して、どちらの存在としても生きることを選ばず、人間としての道を選びました。

この選択により、竜も悪魔もそれぞれの「種」は消滅し、ナツは人間としての生活を続けることになります。

これにより、彼が将来、悪魔として覚醒する可能性はなくなったと考えられます。

ナツの強さや魔法について

「フェアリーテイル」の熱い戦士、ナツ・ドラグニルの圧倒的な強さは、彼の得意とする火の滅竜魔法、その究極形態であるドラゴンフォース、そして力の源を雷にも求める雷炎竜モードによって成り立っています。

これらの技術は、ナツが敵に立ち向かう際の核心となる要素です。

火の滅竜魔法

ナツ・ドラグニルは、「フェアリーテイル」という物語の中で火を操る特別な魔法、火の滅竜魔法を用いる魅力的なキャラクターです。

彼はドラゴンスレイヤーと称され、この称号は彼が炎のドラゴン、イグニールから直接魔法を学んだことに由来します。

イグニールは炎を操る力で知られ、物語の中で最も強力なキャラクターの一人とされています。

ナツの魔法はただの火を操る技術以上のもので、彼は火を「食べる」ことで力を得ることができます。

このユニークな能力により、彼にとって炎はエネルギーの源であり、強力な炎は彼にとって格別の「美味」を提供します。

一方で、弱い火は彼にとって「不味い」と感じられるのです。

この特性はナツのキャラクターをより鮮明にし、彼の魔法使用の興味深い側面を示しています。

ドラゴンフォース

ドラゴンスレイヤーという特別な魔法使いのグループに属する者たちは、ナツ・ドラグニルを含め、全員が「滅竜奥義」と呼ばれる強力な必殺技を使いこなすことができます。

ナツが使う滅竜奥義の中で特に注目すべき技が「ドラゴンフォース」です。

この技は使用者の肉体を変化させ、皮膚がドラゴンの鱗のように硬くなり、歯が鋭利になるなど、外見が劇的に変わります。

ドラゴンフォースは滅竜奥義の中でも最強クラスの変身であり、圧倒的な戦闘力を発揮することができます。

雷炎竜

物語「フェアリーテイル」内で、ナツ・ドラグニルは「雷炎竜モード」という特別な形態に変身します。

このモードは、ナツがフェアリーテイルのもう一人の魔法使いである雷のドラゴンスレイヤー、ラクサスから雷の力を吸収した結果生まれます。

ナツの火の滅竜魔法にラクサスの雷が組み合わされることで、攻撃力と速度が格段に向上します。

雷炎竜モードでは、ナツが使う技は基本的には変わりませんが、雷の力が加わることで技の威力が増し、外見も大きく変化します。

この変身によりパワーアップした様子は、見るだけで明らかで、物語中ではこのモードでナツが使用する技は3つだけですが、それらの技の効果は非常に顕著です。

まとめ

  • 火の滅竜魔法を操る魔導士。
  • 「火竜(サラマンダー)」という異名を持つ。
  • イグニールからの贈り物であるマフラーを常に身に着けている。
  • ギルド「妖精の尻尾」で問題を起こすことが多い。
  • 滅竜魔法と肉弾戦を得意とする。
  • 戦闘中に乗り物酔いをすることがあるが、ハッピーに運ばれる際には酔わない。
  • 頭脳面では日常的には不得手だが、戦闘時には冷静で頭脳的な面を見せる。
  • ゼレフの弟であり、約400年前にドラゴンによって殺された。
  • 実は最強の悪魔、ENDである。
  • ドラゴンスレイヤーとしての称号を持つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました